ポインセチアっぽいクリスマスの花プラバンに挑戦してみた!

プラバン

スポンサーリンク

こんにちは。

12月ですね〜!
クリスマスと年末年始が大好きなので、今からウキウキしています。

なので、
クリスマスっぽい花プラバンに挑戦してみました!

材料

・プラバン 0.2mm(タミヤ)
・ビーズなど
・手芸用ワイヤー
・ヘアクリップ用の金具
いつものやつです。

道具

・ハサミ

・接着剤(今回はレジンで代用)

・トースター

・コピック

・紙やすり

・先の尖ったもの(つまようじなど)

・スポンジ

・手袋

型紙はコンパス&フリーハンドで描きました。

今回は、コンパスで円を描いたところに、
フリーハンドで3枚の花びらを描きました。

コンパス&フリーハンドで型紙を作る図。

ポインセチアをイメージしたけど、デフォルメが過ぎると、
ポインセチア感がガクッと下がってしまってどうにもこうにも。

普段は彫刻刀で線を描くけど、最近動画で見やすいようにと黒いラインの見やすいコピックを使っています。

切りながら最終的な形を決めるので、あまりがっつりと線を描きたくないので、
こんなミミズの這ったような線になっています。

本当は彫刻刀で削りた〜い。

色付けはコピックで!

コピックはやすりがけしなくても使えます。

今回はヤスリで削った後に、コピックを塗りました。
あと、色を調節するためにティッシュで余分なコピックを拭き取りしてみたのも色がちょうどよくなってよかった!

ティッシュで拭くとこんな風に色がムラなくつきます。
油性ペンでもムラなく塗れますよ〜!

この写真の外側のラインは「あえて」です。

穴を開ける理由

立体プラバンの時は中心をあけた方が中心が決まりやすくて、
バランスが取りやすいのと、花芯がつけやすいです。

立体に成形するよ!

つまようじとスポンジでこうやって優しく押し込むと、いい感じになります。

押し込む過ぎると、すぼみ過ぎるので注意です。

2枚目はまだ柔らかいうちにこうやって、
1枚目の上に置いてなじませます。

2枚目を1枚目に馴染ませるの図

しっかり平べったく馴染ませるのもいいし、
上に乗ってるプラ板をちょっと立たせたり、
花びらに動きをつけてもいい。

立体花プラバンの一番難しいところかもしれません。

でも失敗してもやり直せることもあります。

少々ならば、もう一回入れて温めて柔らかくすればやり直せます。

葉っぱ作る!

ポインセチアの葉っぱというか緑のところとは違うのですが、
クリスマスっぽさを出したくてヒイラギの葉っぱを作ります。

色ぬりはポインセチアっぽい花と同様に、
やすりがけしたところにコピックをぼかしながら色ぬりしました。

花とのバランスを考えて花をスポンジのところに据えて、葉っぱの形を決めます〜

ビーズで花芯を作る

手芸用ワイヤーにビーズを通して2枚のプラ板をくっつけます!

ヘアクリップに設置する

まずは、マスキングテープでイメージを固める。

接着剤が切れており、UVレジンで代用しました。
UVレジンでも普通に使えるのですが、レジンは接着するためのものではないので、
ぽろっと外れることがあるんですよね〜

ということで完成〜!

よかったら動画もご覧くださいまし〜!

チャンネルページには他にもいくつか作り方動画を置いています!

合わせて読みたい記事