ブログが書けない人が気づいていないこと。

ブログ運営

スポンサーリンク

こんにちは。

最近500記事を超えました!

ブログネタに困ったことも過去にはありました。

今では効率よくブログネタを用意できるようになりました。
ブログネタの探し方&作り方を紹介します。

ブログネタに困っている人は実は気づいていないだけ

ブログネタって、実は気づいてないだけで、
みんな絶対あるんです。

ブログネタに気づく方法を知れば、
これもあれも書けるかもとルーティン化することができます。

ブログにするべきネタとは何か

「するべき」って言葉がもう怖い。
ブログはなんでもいいんです。

収益化のためにネタにするべきっていうと、
人が求めているネタです。

人が求めているネタの特徴はこんな感じ。

・過去に自分が調べたこと
・友達のうち一人は絶対知らんだろうということ
・年下/県外の人ならしらないこと
考えたら他にもありそうですね。

収益というと結構ビビって出てこない人が多いと思うけど、
アフィリエイトみたいに買ってもらうことに繋がらなくても、
とりあえず検索してもらえるネタなら収益化に繋がるネタになりますよ!

謙遜や自信のなさは脇に置く

私もよくネタに困った時にこんなことを思っていました。

【ネタに困った人の胸の内】
収益化できないんじゃないか、
誰も検索しないんじゃないか、
自分なんぞがそんな収益につなげる記事かけないんじゃないか。
うさんくさくなりそう。

これらは日常生活で使いなれた「謙遜」と「自信のなさ」によるものが多いと思います。
ブログを書く時にはそれらは邪魔です。
とりあえず脇において、無視むし!

ちなみに収益化できるか、胡散臭いかどうかは
結局書いて見ないとわからんもんです。

書いてみたら意外といけるかも知れないし、
数ヶ月後に読み直したらめっちゃ胡散臭いかも知れない。

でも書かないとそれにも気づかないから、
とりあえず書くしかない!

ブログネタはタイトルから

ブログはタイトルを決めると構成が見えてきたり、
書き出しが思いつきやすい
です。

タイトルの決め方で気をつけたいのは「検索ワード」

SNS経由じゃなくて、検索エンジン経由でのアクセスを望むならば、
検索ワードをタイトルや小見出しに盛り込むことを考えます。

継続的にアクセス稼ぐ記事の多くはSNSではなくて、
検索エンジン経由のアクセスです。

SNSで数年前の記事をつぶやくの、気が引けません?
しかも毎日のように過去記事呟いたり、投稿流す時間もしゃらくさいっていうかめんどくさい。

楽したいなら検索ワードを盛り込んだタイトルを!

とりあえず書く。1行でもいいから書く。

タイトルを決めても手が進まない。

私もそういうことがありました。
いや、今もある。

その時にやっていることをこの3つ

・小見出しだけ書いてみる
書けるかどうかはさておき、
「〜〜するための3つの理由」とか適当に書いてみる。
書ける時もあるし、無理な時もある。
書いてみると意外といけることもあるんです。

・一つの小見出しの内容だけ書いてみる
書きたいネタの文字数が圧倒的に足りないと分かってる時も、
手が止まります。とりあえず書いてみる。
書いてみたら前後にこんな内容欲しいとか思いつくこともある。

・挨拶「こんにちは」だけ書いてみる
究極!とりあえずこんにちはって書いて、
最近これこれにはまってますとか下記始める。
後で直してもいいからとりあえず脳みそにスイッチ入れる感じ。

1番の読者は自分

ブログをやっている人は、文章を書くのが好きな人、
話すのが好きな人だと思います。

しばらく時間をあけて読み直してみると、
もっとこんな情報あったらいいかも!とか、

記事を書いた時から、何かあって、
経過を書いてみるとよりオリジナリティがあって、
情報を求める人にとって、有益な記事になっていくと思います。

だから、1回で完璧な記事を書こうと思わずに、
リライト前提で書いてみる気持ちだと書きやすいです。

今日はこのへんで!

合わせて読みたい記事