初!シネマ歌舞伎「廓文章 吉田屋」に行ってきた!事前準備など。

雑記

スポンサーリンク

こんにちは!

歌舞伎にハマりつつあり、この度初めてのシネマ歌舞伎に行ってきました!

感想とか、事前準備や、今後のことをまとめておきたいと思います。

シネマ歌舞伎とは?

その名の通り、映画で見る歌舞伎

観劇に行くのは気持ち的にも、
お財布的にも、
距離的にも、
敷居が高いなあと思っている方は、
シネマ歌舞伎おすすめですよ。

シネマ歌舞伎のいいところ
・安い!
2100円です。観劇でも2000円ぐらいの席もありますが、均一で2100円なので席に悩むこともないので、お手軽です。

・短い!
観劇は数時間ぐらいあります。物によっては6時間というのも。
それに比べると、90分程度なので初心者にもぴったり

・地方都市でもやっている。
地方都市だとなかなか劇場が遠いです。
当方広島ですが、広島で歌舞伎はいつでも見れる物ではありません。
シネマ歌舞伎なら、八丁座で見れるので、まだ手軽。
上映映画館は松竹のHPで検索できます。

・名作、名コンビを見られる。
シネマ歌舞伎にするものは中でも名作や名コンビ、話題作などです。
過去の名作が見られるのは嬉しいです。




事前準備

シネマ歌舞伎を見て感じたことは、今まで触れていた娯楽が「ファストフード」に近いものなのだということ。

歌舞伎は事前準備がなくては楽しめない敷居の高さはあるけれど、
事前準備をしてみれば、ファストフードでは味わえない妙味を感じさせてくれます。

ということで私が歌舞伎を見る前にしたこと

歌舞伎観る前に調べたこと
・俳優さんの経歴など。
・俳優さんの名跡、家の歴史
・作品のあらすじ、時代背景
・作品の評判
・歌舞伎の演目の種類
・役柄の種類
・関西と関東の歌舞伎の違い

ファストフードのような娯楽も好きです。
何にも準備をせずとも、
おもしろい!
分かる!
楽しい!
感動する!

例えば映画とか、遊園地とか。
カフェとか。

誰でも楽しめるなんて最高です。

でも、最近少し物足りなくなってきていました。
アベンジャーズもハリーポッターも大好きですが。

シネマ歌舞伎を見る前に、
作品のあらすじや、
成立背景
俳優さんの近況や作品に対しての思い。
経歴

そんなことを調べてから見ると、歌舞伎を楽しむことができました。

特に歌舞伎は名跡やお家ごとの芸、
俳優個人の得意分野などは数百年間綿々と続いているものなので、
歴史に思いを馳せつつ調べる過程もおもしろかったです。

数百年間も歴史を持つエンターテインメントにこれまで触れたことがなかったので、
調べても調べても尽きない。

歌舞伎沼にずぶずぶとはまりつつあります。

歌舞伎は伝統を受け継ぎつつ、常に新しい表現に挑戦する様子もおもしろい。

親子で似ているところや違うところを観察しつつ作品を見るのも楽しいです。

廓文章 吉田屋っておもしろかったの?

私が今回見たのは「廓文章吉田屋」という演目。

これは上方歌舞伎の演目です。
内容はすごく簡単に言えば、
勘当されたけれども憎めない若旦那の伊左衛門とひいきにしている夕霧との恋模様です。

ひとことで言えば、面白かった。
最後ちょっとだけ寝ちゃったんだけど、面白かった。
(睡眠不足だったんだ・・・。)



廓文章 吉田屋の初心者的おもしろポイント

映画館では声をあげて笑っている方もいらっしゃいました。
私はそこまでではないけど、微笑んでしまうところはありました。

若旦那 伊左衛門のキャラが可愛い

若旦那伊左衛門を演じるにあたって母性本能を感じられるバカバカしさを意識したそうです。
確かにみればみるほどにまじで可愛い。

ひいきの「夕霧」の名前を出すだけでもモジモジしたり、夕霧が来るまでそわそわ。
伊左衛門さん、可愛い。
これは本当に見て欲しい。可愛いの意味を体感して欲しい。

演技と舞踊のギャップにやられた

滑稽な演技の合間に挟まれる舞踊が美しいのです。
指の先から全体の流れるような動き。
滑稽さと美しさのギャップに引き込まれていきました。

夕霧が綺麗

夕霧は花魁です。

昔の遊女でも花魁は今の一流芸能人に匹敵するようなファッションリーダーでもあり、
様々な芸事に秀でた女性でした。

玉三郎さんの女方は本当に美しく、声も綺麗。
どこを見ても女性以上に女性。
揺するという場面があるのですが、こんなゆすり方あるんすね。

着物が綺麗

伊左衛門の着物は文字が書いてあるのです。
よくみると「松嶋屋」とか「まゐらせ候」とか「つれづれ」とか書いてある。
金や銀色の糸です。手紙でできた着物という設定ですが、おしゃれです。

みすぼらしい着物の設定だけど、全然みすぼらしくないですよね。綺麗。

夕霧の着物は傾城(けいせい)らしく豪華で艶やかです。
実際はすごく重たいんでしょうけど、仕草からその重さを感じさせません。

裲襠(うちかけ)の桜が立体的で、こんな着物今までテレビでも見たことないです・・・。
す、すごい・・・・。

家で歌舞伎を楽しむならば

今後はシネマ歌舞伎は気軽な観劇を楽しみつつ、
これぞ!という歌舞伎の観劇を新幹線で見にいきたいと思います!

で、それまで家でも歌舞伎を見たいと思っていて、
DVDやニコニコ動画の有料チャンネルがあります。

自分のタイミングで購入しています。
毎週来るとプレッシャーになってしまうので。

DVDが来るだけでなく、シネマ歌舞伎のパンフレットみたいに、
あらすじや俳優さんのことが書かれてある薄い読み物もあります。

ニコニコ動画の有料チャンネルもあります!
Youtubeよりも歌舞伎はニコニコ動画の方が今は色々揃っています。

歌舞伎これから色々見たいんだけどー!って方や、
シネマ歌舞伎どうなのー?って方の参考に少しでもなれば嬉しいです!

合わせて読みたい記事