ウィークリージェルネイル長持ちさせる方法まとめ|専用クレンザー、塗る時の注意点、直しやすいデザインとか

ネイル

スポンサーリンク

こんにちは。

しばらくお休みしていたウィークリジェルネイルを
長期休暇に再開してみました。
指先がつるん、キラッとしてたらやっぱり楽しいですね〜。

1年ぐらいのウィークリージェルネイル経験から
自宅で手軽にジェルネイルを楽しめるウィークリージェルネイルを
長持ちさせる方法をまとめてみます。

長持ちさせることと、短時間でリペアして長持ちさせる方法にも触れてみました。

忙しい中でも比較的爪に負担の少ないセルフジェルネイル「ウィークリージェルネイル」を楽しむヒントになれば嬉しいです。

基本的な長持ち方法〜塗る時 編〜

長持ちさせるコツは大きく分けて2つあります。
塗る時のコツと、日常生活で長持ちさせるコツ。

まずは塗る時に気をつけることについて

長持ちせるコツ〜塗る時 編〜
・石鹸で手を洗う。
・ネイルクレンザーを使う
・甘皮を処理する
・皮膚につかないようにする
・先端のエッジ部分にも塗る
・薄く重ね塗りする
あげると結構あるんですよね〜

爪の油分をオフする

爪の油分をオフすることで、断然長持ちになります。

油分オフをしないと、
数十分で取れてしまうことも・・・。

手っ取り早いのは「石鹸で指先を洗うこと
これだけでも違います。

でも、もっと長持ちさせたいなら、ウィークリージェル専用のネイルクレンザー!

除光液のような雰囲気ですが、除光液ほどツンとした香りもないし、
実際に長持ちします。

ネイルクレンザーの詳しい使い方は下記の記事、よかったらどぞ。

HOMEI ネイルクレンザーレビュー|ウィークリージェルを長持ちさせる使い方のコツ。思ったより傷みもない。

2018年10月19日

爪以外に塗らない

ジェルネイルが剥がれやすくなるのは
爪とジェルの間に隙間があって水分や油分が入ってしまうことです。
爪以外のところにジェルネイルがついてしまうと、ジェルと爪の間に隙間が出来やすいです。

だから、甘皮処理や爪のサイドの皮膚につかないように塗ることが大切です。
綺麗に塗れるとやっぱり長持ちするなぁって感じます。

甘皮処理にはオイルインプッシャーペンが便利です。
あとはデザインナイフやネイル処理用のニッパーやカッターなどで甘皮を綺麗にしておくと塗りやすいし、結局長持ちするんですよね〜

オイルインプッシャーペンのリンクも貼っておきます。
ここから買っていただけたらほんのちょっぴり私の懐が温まります。
よかったら見るだけでもm(._.)m

綺麗に塗る方法は、経験あるのみです。
繰り返しやっていると本当にだんだん綺麗に塗れるようになります。
こればっかりは仕方ない。

強いていうなら、まとめて塗らずに一本ずつ。
一本ずつ塗っては硬化、一本ずつ塗っては硬化が綺麗に仕上がります。

あとは照明があるところで塗ると綺麗に塗れます。
意外と部屋は作業するには照明が足りてないものです。

目が悪いなら拡大鏡もいいかもしれん。

エッジ塗りと薄重ね塗り

エッジ塗りは爪の先端部分にも塗ることです。
爪で何かを引っ掛けたりするタイミングで爪とジェルに隙間ができるのですが、
それが防げます。
爪が少し伸びているときは、爪の裏にもちょっと塗ります。
より長持ちします。

やはりエッジ塗りは大事です。

薄重ね塗りも大事。

私は3回ぐらい重ね塗りします。

重ね塗りは硬化時間も短いのでそこまで時間はかからない体感です。
指1本で2〜3分ぐらいで重ね塗り完了します。

10本で20分〜30分・・・。
やっぱり長い!

でもネイルサロン行くと思ったら断然短いですよね〜。
行き帰りの時間も考えたらやっぱり短い。

引きこもりたい私にはぴったりです。

基本的な長持ち方法〜日常生活 編〜

日常生活も大事。
私が気をつけていることをご紹介します。

長持ち方法〜日常生活 編〜
・爪の先でタイピングしない
・指の腹で頭を洗う。
・爪の先端を酷使しない
・ネイルオイル使わない。
料理や、洗い物は仕方ないので普通に気にせずやってます。

料理の時にネイルが料理に入らないようにだけ気をつけてます。

爪の先のタイピングは意外と負担増

慣れないとなかなか難しいところなのですが、
爪の先でタイピングをしないだけで結構長持ちします。

じゃあどうやってタイピングするのかというと、
「指の腹」を使います。

ちょっと手を寝かし気味に意識してタイピングしています。

かちゃかちゃ鳴らしながらついタイピングしがちなのですが、
ちょっと違和感あるのは数日です。

すぐに慣れます。
きっとそういう新しい筋肉が作られるのだと思っています。本当のところは知らない(笑

頭洗う時は指の腹で

私の爪は柔らかいのでガシガシとちょっと爪たてて洗うと心地よいのですが、
ネイルの時は、美容院でやってもらうっぽく指の腹でゴシゴシ洗うようにしています。

これもやるとやらんでは結構違います。

あとネイルをするのは風呂の後にするとか。
体感では、水仕事よりも一番風呂、それも洗髪が一番負担ある気がしてます。

テクスチャの緩いケアアイテムは使わない

具体的にはドクターネイルとかのネイルオイルです。

香りも良くってツヤっとするので個人的には大好きなケアアイテムなのですが、
ジェルネイルはすぐに剥がれてしまうので、ジェルネイル中は使わないようにしています。

ハンドクリームも爪には塗らずになるべくギリギリのところに塗りこみます。

乾燥小じわとかは見た目によくないので、なるべくハンドクリームで保湿。

おすすめハンドクリーム

直接ネイルじゃないけど、ネイルクリームとしても使えるハンドクリームをぜひ紹介しておきたい!

ナノアミノはネイルもケアできるし、何より香りがいいんです。
ハンドクリームにはしては高いけど、いろんな香りが楽しめるし、
香りも長持ちして強すぎないのでおすすめです。
サロン専売品なので雑貨店とかドラッグストアじゃ売ってません。
私はサロンで2500円ぐらいで買ったのでそれ以外でネットで売っているのを見かけたらそれは「買い」です!

次はドラッグストアで買えるやつ。
アヴェンヌのハンドクリーム。

一晩で結構ツヤっとしっとりします。
日中もつけると冬でも乾燥小じわ知らずです。
無香料なので、香りがない方がいい時はアヴェンヌを使っています。

番外編:少しのリペアを前提にデザインを選ぶ

ウィークリージェルネイルは剥がせるので、
剥がれやすいんです。

もうこれは仕方ない。

なので、忙しい時は直すことを前提にデザインを選ぶようにしています。

例えばこんなの。

ボアネイルの赤とベージュパールを交互に。爪先にシルバーラメ。服を選ばない抑え目デザイン。

シンプルデザインとか、
交互に違う色などにしておいて、
一本〜数本だけデザイン変えてもそういうデザインに見えるように
アレンジしやすくしておきます。

1本なら直すのは2〜3分なので平日でもできます。

そうやって過ごして一気にガッと!変えるのは月に1回とか、3週間に一回。

こんな感じでやっています。

サロンよりもウィークリージェルネイルのいいところ。

すぐに剥がれてしまうからこそ、
直すのは数分だし、ちょっとずつ手入れするからこそ、
根元が伸びっぱなしということがないのは、いいなと思います。

ジェルネイルのぷっくりした根元に自爪が見えているのが、
私は結構嫌なんです。

だからちょっとの手間で常に根元までネイルが楽しめているし、
ぷっくりジェルネイルが手軽に楽しめるウィークリージェルネイル気に入っています。

あとはウィークリージェルネイルに限ったことではないけど、
ネイルをしていると指先が暖かい。
これはすごく冬は助かる。

てな感じで、ウィークリージェルネイルの長持ちのコツでした。
ちょっとでもお役に立てたら嬉しいです。

合わせて読みたい記事