プラバンでできるデトックス②

スポンサーリンク

①はこちらから。

プラバンにはなんとデトックス効果がありましたー!

(わたし談)

つづきです。

 キラキラ大好き子とお絵かき大好き子。

職人さんの次は、キラキラ大好き子の出番。

できあがったプラバンモチーフをアクセサリーに仕上げていきます。

ビーズをつけたり、

アクリル絵の具で色をつけたり。

※事前にビーズ屋さんや手芸屋さんで

ビーズを選んできましょう。

ネットだと、ouiouiさんがおすすめです。

(1,080円から送料無料です。)

アクリル絵の具は、12色+好きな色2〜3色があれば、

大抵のものに対応できます。

画材によって、色の見え方や使い方を比較した記事です。

着色する画材の違い – suisuisuizoo

アクリル絵の具だと、こんな感じの雰囲気になります。

marimekkoのプラバン – suisuisuizoo

気づくと、頭のなかにはなんにもなくて、

目の前の作業に没頭していることに気づきます。

そして、ついにアクセサリーが出来上がると、

へこんだな〜とか思ってることとか、

もう頑張れないよ!と思ってることも、

もうちょっとやってみようかな〜と思えてしまうのでした。

ああかな、こうかなと思いを巡らしながら

作った世界で一つの自分の頭のなかのイメージから

はじまったアクセサリーは、

つける度に作った時のことも思い出したりして、

ワクワクのタネになります。

まとめ

プラバンでできる心のデトックス効果を考えてみました。

プラバンだけでなく、ハンドメイド全般や料理などにも

当てはまると思います。

人から言われたことや、やる必要のあることをやる日常から、

自分のなかのこんなの作ってみたいな〜

かわいいな〜を形にする作業が心に与える影響はとっても大きいです。

もし、最近忙しくって疲れたなあと思ったら、

プラバン工作も気分転換の選択肢に入れてみてください♪

おすすめです。

合わせて読みたい記事