ボタン型パーツ(ボタン足)でプラバンヘアゴムを作ってみた|10分で完成!

プラバン

スポンサーリンク

こんにちは!

今日は、ボタン型パーツでヘアゴムを作ってみました。

裏処理も簡単です。

ゴムの結び目も見えないような工夫もしています。

すごく簡単なので、プラバンアクセサリーをはじめて作ってみようという方におすすめ!

裏処理はシンプルに

今回は、ヘアゴムの裏処理はボタンパーツを使ってみました。

なぜ、今まで使わなかったのか・・・。

 

簡単すぎて気が抜けました。

 

ゴムをパーツの内側で結ぶだけという簡単さ。

今まで何を格闘していたのだ、私は(笑)

穴を開けるときの注意

プラバンでアクセサリーを作っていると、

書類用の穴あけパンチだと届かないところに穴をあけたくなります。

そんな時は、彫刻刀が使えます。

使い方に慣れたらすきなところに穴をあけられるので、おすすめです。

詳しくは下記リンクへ!読んでもらえたら嬉しいです!

私のプラバン穴あけ革命!〜丸刀の活躍が半端ない〜

2014年2月16日

くっつけるだけの簡単パーツ

ボタン足というパーツを使って、

プラバンパーツをヘアゴムにしていきまーす!

ボタン足というのは、表に穴の開いていないボタンを作るときなどに使います。

ボタン足はプラバンでも作れそうではありますが、

こういうパーツは既製品の方が見た目がきれいに仕上がります。

既製品で時短してしまいましょう!

いろんな形があるので、アマゾンや楽天などでいろいろ見てみてくださいね。

よければ上のリンクから他の人のレビューなどもご覧くださいませm(_ _)m

 

(追記)

ボタン足やヒートンなどをアレンジしてみたいという方は、こんなレジンモールドもあります!
ラメを入れたり、カラーリングするともっと作品の幅が広がりそう。

 

スポンサーリンク

 

ゴムを通す

私の持っているボタン足はこんな形です。

f:id:suisuisuizoo:20180127212631j:plain

細目のゴムがぴったりでした。

結んで、ボタン足の近くに結び目をもってきます。

f:id:suisuisuizoo:20180127212525j:plainいらない部分結び目の長く飛び出たゴムは、はさみで切っておきます。

なるべく短く処理する。

プラバンパーツはシンプルスクエア

f:id:suisuisuizoo:20180127213111j:plain

水彩風に着色したプラバンをフリーハンドで四角く切りました。

8センチ×8センチぐらいで切ると、

だいたい3センチ四方に。

 

どんな形でもお好きな形でどうぞ〜☆

まるいのもかわいいですよね。楕円とか?

レジンを盛って着色側でもいいですし、

着色面を裏として使ってもいい感じです。

今回は着色面を裏にして作っていきます。

f:id:suisuisuizoo:20180127213357j:plain

ボタン足をたっぷりレジンで接着。

裏返すとこんな感じ。

f:id:suisuisuizoo:20180127213436j:plain

レジンは盛りすぎない (失敗)

レジン、盛りすぎてしまって失敗しました。

もう何年もやっているのに失敗する(笑)

f:id:suisuisuizoo:20180127213725j:plain

こんな風にはみ出てしまうと、はさみで切ることもできないので、

廃棄します(T_T)

すっごく簡単なので、幼稚園や保育園のバザーとか、小学生の夏休みの工作にもいいと思います。

私は「作ろう!」と思い立って10分で作れました。

(プラバンの着色は時間外)

使っているプラバンはタミヤです。表面もきれいに仕上がりやすくて大容量でお得です。

ではでは、ステキなプラバンライフを〜。

他の記事も見ていってもらえると嬉しいです!

プラバンでぷっくり加工するならUVレジン!
使い方とコツをまとめました。

【プラバンとUVレジン】作り方とコツ|黄変しない「星の雫」と100均一レジンの違い。

2019年8月30日

合わせて読みたい記事