プラバン初めてでもできる簡単デザインアイデア集

プラバン

スポンサーリンク

こんちゃーす。

今日はプラバンをこれから始めてみたい人向けの

初心者さんでも簡単にできるデザイン、着色方法、模様の付け方を紹介します!

簡単着色&デザイン方法

絵が上手な人は簡単に可愛いキャラクターや、

似顔絵や模様などをさらさら〜っと描いてしまいますが、

絵心がないとなかなか難しい・・・・。

私も絵は苦手なので、プラバンで絵を描くことなんて最初から諦めていました。

同じ悩みのある人に、ぜひオススメしたいプラバン着色方法&デザインはこれ!

どん!

・パステル

・スタンプ

・マステシール

・手形

・丸、三角、四角などのシンプルな図形

パステル

パステルは100均でも売って他ので、最初はダイソーで調達。

慣れてきたら、1本ずつ好きな色を買い足していきました。

100均でも十分なのですが、

ちょっといいパステル使ってみたい!と思ったら、

ヌーベルカレーというパステルがオススメします!
スパイシーな名前でしょ。

ヌーベルカレーパステルがオススメな理由
・適度に固いので、手に付きにくい。

・色の種類が多く、使いやすい色のセットが多い。

・ラメが入ったパールカラーがある。
→でもラメは縮めてしまうと少し分かりにくくなります。
微妙な差異を楽しみたい方向け。

お次は手順を説明します!

パステルの着色手順
・つるつるのプラバンなら紙やすりで全体的にこする。円を描くように!

・パステルをカッターなどで削ってプラバンにパラパラと降りかける。
そんで、刷り込む。

・好きな形に切って、トースターで縮める。

・コーティングをしたり、金具類をつけて完成!

切るのと、パステル刷り込むのはどっちが先でもOKー!
私も動画で手順が前後しがち。

理由は強いて言っても、なんとなくです。

スタンプ

絵が描けなくてもスタンプなら簡単に
複雑な柄を描くことができます。

スタンプ独特の風合いがたまらんです。

プラバンの透明度とスタンプの図柄を生かしたキーホルダーなどが簡単に作れます。

着色はパステルでやってもいいし、

油性ペンでやっても、水性顔料のポスカでやってもOK。

プラバン用のスタンプというのもあります。

インクは「ステイズオン」というシリーズはアクリルにも押せるので、

滲んだり、はじいてしまう心配もない。

スタンプとスタンプパッドのステイズオンで少々高くついてしまうけど、

スタンプじゃないと表現できない複雑な柄のプラバンを作ることができます!

まだやったことないので、近いうちにやってみたいです。

マステシール

マステシールには2つの使い方があります。

トースターで縮める前か後。

縮める前にプラバンに貼って、パステルを刷り込めば、
ぽわ〜っと柔らかな花びらの形が透けるプラバンの出来上がり!

縮めた後に貼って、コーティングをすれば
花びらが鮮やかなデザインにもなります!

100均にもマステシールは売ってるし、

東急ハンズにもいろんな種類があって選ぶのが楽しい!

手形

プラバンにも使えるスタンプパッド「ステイズオン」を使って、

お子さんの手形や足形のキーホルダーも作れます。

足形の横に年齢や日時を入れて成長の記録とともに、

バッグやポーチのキーホルダーにしてもかわいいですよね。

家族分作ってもかわいい・・・!

丸、三角、四角など簡単な形にする

パステルやスタンプを使えば、

単純な形でも、さまになるアクセサリーが作れます。

ビーズやビジューなどを組み合わせても楽しいです。

他にも何かアイデアが浮かべば追記していきたいと思います!

良いプラバン体験を!

合わせて読みたい記事