ひとり伊勢神宮旅行記1|交通手段のポイント、宿泊、参拝ルート!

旅行

スポンサーリンク

こんにちは〜

初めて最初から最後までひとりで旅行に行ってみました。

じっくり回ってみたかった伊勢神宮です!

一度は伊勢神宮をひとりでじっくり楽しみたかった

一度でいいからほんの少しじゃなくて、じっくり連泊して気になる別宮や摂社等も回ってみたいと思っていました。

 

そんなことを考えていたら、仕事を平日2日間空けられることに。

 

もしかして伊勢神宮行けるかも・・・?

 

行くならこの日を逃したらもう半年先、1年先しかないという絶妙なタイミング。

 

それでも、2泊3日となるとなかなかの旅行代金。ひとりだと割高になるし・・・。

 

タロットを引いてみたら、「運命の輪」が出た!

 

これはもう行くしかない!ということで行ってきましたーー!

交通手段で押さえたいポイント!

ひとりのJRパックというのがないらしく新幹線の切符と宿泊先は別々に手配。

やっぱり誰かと行こうかなと思って、何人か声かけたのですが、平日なのと月末なのとで都合が合わずやっぱりひとりで!

近鉄伊勢参拝きっぷで数千円安く行ける

西日本から行くなら大阪駅まで新幹線で行き、近鉄特急に乗り換えるパターンになると思います。

 

JR参拝きっぷというのが旅行会社や近鉄の駅で買えるらしく、

なんと数千円も安く乗れるんです。

 

近鉄の駅が、広島にはないので日本旅行で買うことにしましたが、手数料が1080円いります。

それでも伊勢参拝きっぷを買ったほうがお得だったので、

九州や中四国あたりから伊勢に行きたい方はぜひ伊勢参拝きっぷおすすめです。

 

伊勢参拝きっぷは当日は買えません。前日までに購入しておかねばなりません。

私は前日に日本旅行に駆け込みましたが、取れました。

 

全席指定席なので、早めの購入をおすすめします。

日曜日に乗ったので、結構ぎゅうぎゅうでした。

伊勢鳥羽みちくさきっぷ(バスフリーパス)があると安心

私は今回買わなかったのですが、伊勢鳥羽みちくさきっぷは買っておくべきです。

 

伊勢はバスがちょっと高いです。

ちょっとじゃない、普通に高いです。

内宮と外宮で片道430円

往復だと860円

 

歩いて行けなくもないけど、猿田彦神社に行ったり、

徴古館で下車するならすぐに1000円超えてしまいます。

 

伊勢鳥羽みちくさきっぷは1day1000円、2day1600円です。

鳥羽水族館や伊勢シーパラダイス、夫婦岩もフリー区間に含まれています。

 

伊勢鳥羽みちくさきっぷは観光案内所や旅行代理店、三重交通の切符売り場等で売っています。

 

伊勢鳥羽みちくさきっぷは、旅行日に無駄な時間を過ごさないために近鉄の伊勢参拝きっぷと共に事前に旅行代理店で手配しておくのがスムーズだと思います。

知っていれば買ってた・・・。次行くときは絶対買う!

 

一番大事な交通手段「足」を守る靴はランニングシューズがいい

旅行ってどこに行ってもそうですが、「足」がかなり疲れます。

伊勢神宮も言わずもがなです。

 

というか普通の旅行より疲れるかもしれない。

 

そんな足を使う旅行には過去の経験上、生半可なスニーカーよりも衝撃をしっかり吸収するランニングシューズがおすすめです。

こんなやつ。

以前、旅行に履いていったことがあります。

旅行の最終日にUSJに行ったのですが、USJって結構歩きますよね。

案の定すごく歩くし、アトラクションの列にも立ちっぱなしです。

一緒にいった友人たちは、足が痛すぎるーと足の疲労を訴えています。

 

私は、全然痛くありませんでした。

本当に全然痛くなかったんです。

 

ランニングシューズやウォーキングシューズは、

歩くと跳ねるような感じだったり、ふわっとした感じがしますよね。

その積み重ねが本当に足の負担を軽減してくれているんだ!と実感した旅行でした。

 

今回は、ランニングシューズが家になくて用意できず。

足、すっごく疲れました・・・。最後は結構フラフラでした。

いろんなところをまわるためにも、参拝に集中するためにも「足」の疲労対策は大切です!

なぜ伊勢神宮だと「足」が疲れやすいのか?

なぜ足が疲れやすいかというと、足元が悪いからです。

神社の敷地内は砂利が多く、場所によっては大きな砂利になっていて足元がふらつきやすいところもありました

 

それにおかげ横丁やおはらい町は約1キロほどあって、結構歩きます。

人も多いので、自分のペースで歩けるわけではありません。

 

足が疲れていると、美味しいものを存分に楽しめないし、

参拝にも集中できないので、ぜひ参拝にはランニングシューズやウォーキングシューズなどの

衝撃をきちんと吸収してくれるスニーカーを履いていただきたいです。

 

スポンサーリンク

 

民宿?ホテル?食事なし?あり?どっちにしようか迷ったら

私は1日目に民宿、2日目にホテルに泊まってみました。

 

いずれも素泊まり。

海の幸がたっぷりのとっても豪華な食事にも惹かれたのですが、

そもそもが少食な上、一人だし軽く済ませてもいいかなと思っていたので素泊まり。

今度、誰かと行く時にはぜひ豪華な食事を楽しみたいです。

 

素泊まりプランにしても外宮、内宮周辺には豪華な食事を取れるところがあります

簡単にごはんを済ませることもできるので、その場のお腹具合で決めたいなら素泊まりプランがいいかもしれません。

 

ただし、二見浦に泊まるなら民宿でごはんのほうがいいかもです。

周辺は民宿か民家、あるいは赤福などの甘味どころしかないからです。

夜は街灯もほとんどついてなくて真っ暗なので、二見浦で食事を取りたいなら民宿の食事付きのほうがいいかなと思います。

民宿とホテルどっちかで迷ったら

きれいさを求めるなら断然ホテルです。

伊勢神宮周辺は、ビジネスホテルも新しいものもあり値段も安いです。

民宿の素泊まりと変わらないぐらいのプランもありました。

アメニティ等もホテルのほうが充実しているので、便利さやきれいさを求めるならホテルがおすすめです。

 

外宮の参道を歩いていたら、前を歩くビジネスマン御一行様が、伊勢神宮のルートインは他のルートインよりも豪華でよかった!って言っていました。

値段も6000円代からあります。たしかに安い。

少し外宮からは離れていますが、無料送迎バスも出ているみたいです。

>>じゃらんnet



私の伊勢神宮参拝ルート!

じーっくり回りたかったので、伊勢神宮周辺を回るためだけに丸々2日間取りました。

1日目は京都を回りましたが、今回は割愛。また違う記事で!

 

2Day朝7時半〜:二見興玉神社(民宿から徒歩で)

10時〜  :外宮参道で伊勢うどん(朝食)

11時〜  :外宮参拝(一度目)

13時〜  :内宮、猿田彦神社、佐瑠女神社参拝、おかげ横丁、おはらい町

17時〜  :外宮に戻って参道TERRACEで休憩

18時〜  :ホテル(伊勢神泉に泊まりました!)

3Day 7時半〜:外宮参拝(二度目)

9時〜   :外宮参道で朝がゆ(朝食)

11時〜  :チェックアウト/月夜見神社(外宮別宮)

12時〜  :月読神社(内宮別宮)

14時〜  :外宮参道で海鮮丼(昼食)

15時〜  :外宮参拝(三度目)/お土産購入

16時〜  :近鉄特急で大阪駅へ!

 

何回外宮参拝するんよと思いましたよね(笑)

2日目は火曜日で人が全然いなくて、何度もお邪魔してみました。

森が本当に気持ちいいので、じっくり回って森林浴も楽しんでもらいたいです。

伊勢神宮旅行記 その他の記事

伊勢神宮への旅行が始まる前に、日本の神様カードを引いてみました!

伊勢で神様カードを引いてみた!|ひとり伊勢神宮旅行記2

2018.11.03

 

宿編です。

民宿とホテルの2つに泊まってみました。宿を選ぶ際の参考になれば!

「やわらの湯 まるや」と「伊勢神泉」に泊まってみた!2つの宿を選んだ理由、宿を選ぶ時におさえるポイント|ひとり伊勢神宮旅行記3

2018.11.04

合わせて読みたい記事