「マギ」が終わったので、次は「トンガリ帽子のアトリエ」を追いかけることにした。

本の感想

スポンサーリンク

こんにちは。スイズです。

SFやファンタジーが大好きです。

昨年にマギが終了してしまってションボリしていました(´・ω・`)

本屋で出会ってしまいました!

これからは「トンガリ帽子のアトリエ」を楽しみに生きていこうとおもいます。

人物や設定以上に風景がすごくいい

「トンガリ帽子のアトリエ」はまず絵柄がとても美しく、

人物や漫画の設定以上に、風景画の世界観がお気に入りです。

魔法使いのアトリエや街の風景 、植物や湖、動物など、

挙げればキリがありません。

何度も読み返しては眺めてしまうほど。

中世ヨーロッパあたりの雰囲気がします。

貴族風の女性がでてきたり、仕立て屋さんがでてきたり、街には石畳があったり。

そういう世界観が好きな方に、おすすめしたい。

ハウルの動く城の世界観や、ゲームのアトリエシリーズが好きな方なら、

きっと好きなはず。

あらすじ

小さな村の少女・ココは、昔から、魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は、魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は、諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが、魔法を使うところを見てしまい——。

これは、少女に訪れた、絶望と希望の物語。

引用元:モーニング公式サイト 

設定が細かい

魔法で使われる魔法陣で使われる記号の意味も細かく設定してあるのです。

魔法陣を見るとどんな意味を持っているのか分かるのがおもしろい。

どんどん引き込まれてしまいます。

ストーリーが物足りない?

レビューでは絵は絶賛されていますが、

ストーリーに物足りなさを感じる方もいるようで・・・。

私は物語もおもしろいと思っていますが、人それぞれありますよね。

ぜひ他の方のレビューも見てください。よければ一緒に楽しみましょう\(^o^)/

合わせて読みたい記事