炭焼ゑん(流川)|期待を裏切るおいしいメニューだらけ。地鶏の皮が予想外すぎ。あぁつくねも。

広島

スポンサーリンク

こんにちは。

今週もお肉日和で土曜日に炭焼ゑんに行ってきました。

雰囲気のあるおいしい焼き鳥屋さんで、もちろん焼き鳥もとてもおいしかったのでレビュー!

2店舗とも、予約が必要!

前日に予約しましたが、19時はもう満席でしたorz

ちょっと遅いけど21時で予約。土曜日の21時とかまだ全然はやいけどね!

 

私たちは間違えて堀川店に行ってしまいました。

堀川店も流川店もお客さんでいっぱいでした。土曜日は予約しておくほうが確実です。

堀川店は紫ののれん、流川店は緑ののれんです。

カウンター席はゆったり

カウンター席はチェアが大きくて女性ならかなりゆったりと座れます。

ぎゅうぎゅうした感じじゃなく適度な距離があってよい。

逆に言えば、肩寄せ合ってひしめきあいたい相手とは違うお店のがいいかもしれません(笑)

 

靴をぬぐので、冬はブーツの時に人に見せてもいい靴下を履かれることをおすすめします・・・(笑)

私が一番感動したのは「地鶏の皮」

今回頼んだのは下記。

  • 地鶏もも(親鶏ももというのもあるので、食べ比べるのも◎)
  • 地鶏皮
  • せせり
  • ぼんじり
  • はらみ
  • つくね(たれ、チーズ)
  • 白肝(ごま油、たれ)
  • 黒豚の耳
  • ハツ
  • ハツ元
  • ししとう
  • 半熟うずら卵
  • 焼きなす
  • 吉和の葉わさび

だいたいこんな感じ。+ドリンクを1杯ずつ。

 

私は皮が好きです。

皮のむにむにした食感を嫌う人もいますが、私はそれが好きなのです。

あとお店だと新鮮なので、臭みもなくておいしい脂がじゅわ〜っと噛む度に口中に広がるのもたまらん!

 

思い出しただけでもたまらん!たまらん!たまらーん!!

 

どれもおいしかったのですが、その中でも一番を決めるなら地鶏の皮です。

ちょっと、この写真が皮串なのか自信ないのですが・・・・!笑

脂が少なく、弾力が強いのが特徴的な皮串でした。

表面はカリッとしていて、噛みしめるとコリコリとした食感が楽しめます。

脂はもちろんありますが、私が今まで食べてきた皮に比べると断然脂が少ないんですよね。

コリコリとした食感って、あまり皮では体験できないと思うので、ぜひ一度食べてみてほしいです。

美味しくって楽しかったので、おかわりしました。
sponsored link



ハツは思ったより硬くない

ハツは心臓です。

心臓は命の源!という感じがして食べる時には、命を頂く気持ちが強まります。

全身に血液を巡らすので筋肉が発達していて、歯ごたえがあるのを想定してたのですが、

なんだか思ったより柔らかい!

絶妙な焼き加減のなせる技なのかなと思いました。

うん、これもおいしかったです。

序盤に食べたい一本。

軟骨の食感と野菜の甘みが際立つつくね

左がチーズで、右がたれ。

 

チーズは、びよーんっておもしろいほどに伸びますw

一緒に行った友人はチーズつくねをおかわりしていました。

 

たれのつくねはあっさりとしていて、たれ自体の甘みは少なく、塩気が強くあっさりとしていました。

でも、つくね自体にキャベツやたまねぎ(たぶん)などの甘みの強い野菜が使われているので、

ちょうどいいのです。

 

軟骨のコリコリ食感も楽しくて美味しいつくねでした。

今度また行くときは、もう一度絶対たのむ一本です。

食べログでも気になっていた吉和の葉わさび

葉わさびを食べたことなかったので気になっていました。

わさびのツーンとした風味がしっかり感じられます。

そのまま食べてももちろんおいしいし、焼き鳥と合わせて食べてもおいしい。

 

間違っても大量に食べてはいけません。

ちびちびと食べるのが私の正解です(笑)

ごはんとの相性も最高と思われますが、ごはんは今回は頼みませんでした。

 

吉和という地域は広島の西の山間部にあるのですが、昔からわさびの栽培が盛んなんだそうです。

湧き水がきれいな地域です。

市内在住だと広島の豊かな自然のめぐみに触れられる機会がないので、

こうやって美味しい出会いができるのは嬉しい(*´∇`*)

ハラミから溢れる肉汁

ひゃー!たまらん。

ハラミを一口食べると、その断面からは肉汁が溢れてきます。

口中の肉汁と、視界の肉汁で二度おいしい。

この状態で数十秒凝視していました。

 

若干、臭みがあるように感じたけど、それは鶏のあっさりに慣れていたためかな・・・?

牛肉らしいと言えば牛肉らしい。

うずらの半熟たまごって・・・何?

串なのに半熟卵ってどゆことー?

興味をそそられるメニュー。

ほ、本当に半熟だった!!

あっさりしているので、休憩メニューとしてよかったです。

お肉に疲れたらおすすめです。

 

ししとうは、レモンをかけたり葉わさびを乗せて食べたりしてみました。

もちろん普通に食べても甘みと辛味がちょうどよくておいしいです。

わかりやすく言えば、ふつうにおいしいという感じ(笑)

焼きなすはごま油がふんわりと香る

こんな感じで出てきました。

2〜3人で一皿で十分です。

なすって、脂との相性がいいし、あつあつだとふわっふわで甘くて大好きな食材です。

うなぎの白焼のような様相で出てきました。

このまま食べてもおいしいのですが、取り皿にたまった焼鳥の脂にひたして食べるのが私は好きです。

なので、中盤から後半に食べたいメニュー。
sponsored link



白肝は一日限定15本

勢いあまって、写真におさめる前に一口食べてしまいましたorz

見るからにプリプリですね。

臭みはもちろんなく、ふわふわです。

肝はねっとりとした食感と旨味がたまらんですね。

ごま油とかたれなど選べます。

 

土曜日の遅めに来たにもかかわらず2本も白肝にありつくことができました。幸運!

黒豚の耳は脂強め

上と下でサイズが違うのがいいですね〜

上の方は、歯を押し返してくるほどの弾力と、溢れる脂。

後半に頼んだので若干胃に負担がかかったものの、おいしい一本。

ただの豚の耳じゃなくて、黒豚なのがくすぐりますね。んもう。

山椒が粗挽き

七味や塩と山椒がテーブルに置いてあるのですが、山椒はその場でミルで自分で手挽きします。

ミルがあら目なのですが、この山椒しっかり舌が痺れてくるやつです。

山椒好きにはたまりません。ぜひ粗挽き山椒で一口味わってみてください。

感想:満足しすぎたので、また行きます。

まだ食べてないメニューもあるので、ぜひまた行きたいです。

焼き鳥って子どもの頃から大好きで、

いつかこうやって値段を気にせず食べに行きたいと思っていたのが叶いました。

やっぱり大人は楽しい。

 

値段はドリンクも合わせて、2人で7900円。

 

〆にはお茶漬けや鶏重もあって気になる。

けど私少食なので、外食時はメインだけを食べることに専念しているため今回はパス。

 

ゑんむすびというかわいいおむすびがありました。

明太子とか、こんぶとかいろいろ素材ありました。確か肉系もあったけど忘れたw

ぜひ足を運んでみてくださいね〜

合わせて読みたい記事