Creemaにクリエイター登録してみた|出品する前に準備したい5つのこと。

ハンドメイド

スポンサーリンク

こんにちは。

2018年にやりたかったことのひとつ、アクセサリーの販売を再開すること。

第一弾としてCreemaさんに登録してみました。

Creemaに登録するにあたっての注意点などをまとめていきます。

以前ネット販売をしたことがあったので、さくっと登録できましたが、これが初めてのネット販売となる方には登録前に考えてほしいこと、準備してほしい5か条もまとめました。

スポンサーリンク

Creemaでクリエイター登録ボタンはどこ?

Creemaに登録すると、TOPページ(creemaと調べて最初に出てくるページ)はこんな感じですよね。

青で囲っている上部分の自分の登録した名前をクリックすると下記のように変わります。

それにしてもCreemaのハーバリウム、写真綺麗だなぁ。

creemaはキレイめの作品が多い印象。

いつかCreemaのおすすめ作品も紹介したい所存。

 

クリックしたら、下記の画像のような画面に切り替わります。

青で囲った部分のクリエイター登録をクリック!

新しい肩書を自分で作ってみた

こんな画面に切り替わります。

プロフィール画像は困ったので、photoshopで適当にロゴを作って画像としました。

まぁ、正式なプロフィール画像はおいおい作っていきましょう。(で、このままずっと使い付けるパターンw)

まずは出品してみることが大事だ。

フリーテキストはいわゆる肩書です。

困ってしまった私は、最初は空白でと思っていたのですが、あえて「ヘアクリップとバレッタ」を専門としたクリエイターとして登録してみることにしました。

一度やってみたかった2〜3種類ぐらいの専門ショップを作ってみたかったんです。

ということで、ヘアクリップ/バレッタクリエイターと名乗ってみることにしました( ̄∇ ̄)。

 

もしスマホでクリエイター登録&購入のために登録をするならば、アプリ経由がおすすめです。

アプリの方が見やすいので(‘◇’)ゞ

事前に準備したい5つのこと

クリエイター登録は入力することは簡単ですが、中身は大事なことだらけです。

事前に考えをまとめて準備しておくことを箇条書きにしておきます。

登録画面を開きつつだと大変なので、ぜひ事前に準備しておくことをおすすめします。

クリエイター登録前に準備すること
  • クリエイター名を決める。
  • 自己紹介文を考えておく。
  • 売上の振込先口座を用意しておく。
  • 肩書を考えておく。
  • ロゴや制作風景もあるといい。あったほうがいい。

金融機関を最初から登録するのが、「売る」感じがしていいですね。

合わせて読みたい記事