なんでもないレジンのヘアクリップ|面倒ならば資材の上で混色してもいい

UVレジン

スポンサーリンク

こんにちは。

今日はいつもと少し違ったヘアクリップを試作しました。

面倒くささが炸裂して新たなズボラ技を編み出してしまいました。

ヘアクリップは突然に

今日は広島の中心街にあるシャレオのパーツクラブで、

いろいろ資材を買ってきました。

ずっと欲しかった無穴パールを手に入れました!

穴が開いてないパールを欲しかったんです。

プラバンの花バレッタを作る時に使いたいなぁと。

本当はビーズステッチのキットが欲しかったのだけど、見つけられず。

プラバンフラワーのバレッタの作り方|立体感のあるお花をプラバンで作ってみた。

2017.10.23

最近、立体的なヘアクリップばかりを作っていたので、平面的なヘアクリップを作って見たくって早速挑戦してみました。

材料

f:id:suisuisuizoo:20180211221613j:image     f:id:suisuisuizoo:20180211221633j:image

面倒ならば、資材の上で混色してしまおう

お皿が汚れてしまうっていうか、そもそも私は混色皿を持っていません。

マーブル模様好きなので、資材の上で混色してしまうことにしました。

f:id:suisuisuizoo:20180211221650j:image

宝石の雫の偏光パールという着色剤を資材の上に直接出します。

見る角度を変えるとオーロラのよう

キラキラと光を反射してきれい!

f:id:suisuisuizoo:20180211221708j:image

透明レジンをとろ〜り。

つまようじでぐるぐると適当に混色。

この先は急ぎ足だったので、写真が撮れていませんが、

混色後はビーズ類を適当に散らしてUVライトで硬化!

f:id:suisuisuizoo:20180211221728j:image

ちょっとぼやけている?けれどもなんとか形になりました。

いつもの立体ヘアクリップの方が完成形は好きですが、

また何かにアレンジしていきたいと思います。

偏光パール、いい感じの色だ!

立体のヘアクリップの記事もよかったら読んで頂けると嬉しいです。

ヘアクリップの作り方|レジンを接着剤にする時に気をつけること

2018.02.03

合わせて読みたい記事