日本の神様カードの使い方|分かりやすいメッセージをもらう簡単な方法

カードゲーム

スポンサーリンク

こんにちは。

先日、大野百合子さんのワークショップで欲しかった神様カードを購入しました。

それから何度か神様カードを引いています。タロットとの違いや分かりやすいメッセージをもらう方法をまとめました。

スポンサーリンク

神様カードとは?

『日本の神様カード』は神代の巻に出てくる膨大な数の神々の中から代表的な神々を48柱ご登場いただき、全国の神社を参拝して感じたものをイラストとメッセージにまとめています。

「現代の私たちが神代の神々をどうしたら身近に感じられるか?」「私たちが生きていく上で神々のサポートをどう受けられるか?」を意図して描かれたカードです。

神様カードのポータルサイトより引用しました。

 

端的に言えば、古事記に出てくる日本の神様をモチーフにしたオラクルカードです。

私が、日本の神様カードと波長が合っているのかどうかはわかりませんが、いいメッセージがもらえます。

アマテラスオオミカミや、イザナギ、イザナミなどゲームなど身近な神々からのメッセージは不思議と胸にストンと落ちてくるのです。

私はゲームが好きですが、日本の神々は最近ではよくゲームのモチーフにもなっているので、ワクワクします。

タロットとの違いは「わかりやすさ」

タロットも好きです。

ただしタロットは少し敷居が高く感じられます。

タロットは解釈の仕方を学ばないとちょっとわかりにくいのかなと思っています。

今年はタロットも学びたい。

 

神様カードを何度か引いてみて思ったのは、タロットに比べて日本の神様カードは分かりやすいということ。

カードが少ないのも手伝っているのかもしれませんが、カードが少なくても質問に対してきちんと納得のいくカードが引けるのです。

 

1枚引きで十分、分かりやすい。

タロットの一枚引きっていまいち分かりにくいいんですよね、私は。

なので、日本の神様カードはカードとか興味あるな〜と考えているビギナーの人にはおすすめのカードです。

ワンオラクルだけじゃない

もちろん、複数枚を展開させる方法もあります。

なので、ワンオラクルだけでなくもっと詳しく展開してみたいと思っても大丈夫です。

サイズはどっちを買うべきか。

日本の神様カードにはサイズが2種類あります。

普通サイズとミニサイズ。

ミニサイズはトランプサイズで持ち運びに便利で手の収まりがよいです。

女性はミニサイズの方が扱いやすいのかもしれません。ただし私は大きなサイズをおすすめしたい!

ミニサイズのメリット・デメリット

【メリット】

  • 小さいので手に収まりやすく扱いやすい。
  • 軽いので持ち運びやすい。かばんのなかで邪魔にならない。

【デメリット】

  • 冊子の説明が少ない。
そうなんですよー。冊子の説明が少ないのです。

私も小さいサイズの方が安いし、小さいサイズにしようかと迷いましたが、冊子の内容の量を理由に大きなサイズを買いました。

冊子の説明が豊富で分かりやすいので。

ファースト日本の神様カードの場合は大きなサイズがおすすめです。

セカンドの持ち運び用には小さなサイズもいいかもです。

分かりやすいメッセージをもらう方法

いくつか心がけていることがあります。

これは自己流ですが、自己流でもきちんとメッセージをもらえているので、もしよければ参考にどうぞ。

yes/noで問いをたてない。

これはタロットでも同じなのですが、yes/noではなく姿勢や視点をもらうように問いを立てると、カードからインスピレーションがもらいやすいように思います。

凝り固まらないことが大事です。

「今の私に必要なカード」とか、

「この問題を扱うにあたり、私に必要なカード」とか。

そんな感じだと、思っても見なかった視点に気づくことがあります。

 

追記:yes/noで問いをたててみたらすごく分かりやすかったです!(笑)

日本の神様カードリーディング|タロットよりも分かりやすいリーディングができる①

2018.03.24

カードを混ぜるときのルーティーン

まず、「呼吸」。

3回深呼吸をします。その時、何も考えないように頭と心を空っぽに。

神様カードのエネルギーを体内に取り入れるイメージで吸う。

自分のエネルギーを神様カード全体にかけるイメージで吐く。

それを3回します。

そして終盤では心のなかに「問い」を持って、「必要なカードを引くぞ!」という気持ちで混ぜてなんとなく気が済んだら終了。

 

裏にしたまま裏返しにして並べます。こんな感じ。

あまり上手ではないですが、引ければ大丈夫。

専用のリーディングクロスも販売されていてクロスの上ならもっとスムーズにカードを広げられそう。

見た目もとってもステキです。近々買いたいところ。

さて、引いてみました。

メッセージは「ただ夢中になること」というものでした。

アメノウズメノミコトは、アマテラスが天の岩戸に閉じこもってしまった時に、情熱的に踊って踊って踊りまくって神々を大笑いさせて、ついにはアマテラスオオミカミを外に出すことに成功した女神さまです。

ぴったりです。

今始めようと思っていることは、まさに「自分が本気で楽しむこと」が要となるようなことです。

楽しめば楽しむほどに価値の出てくるものを作ろうとしている最中だったので、ぴったりのメッセージです。

 

といった感じで、本当にぴったりのメッセージを簡単にもらうことのできるカードなのです。

ぜひぜひおすすめです。

番外編:古事記読み始めた

古事記がモチーフのカードです。

古事記を知っていると、より深いインスピレーションにつながるのではと思い、古事記を読みはじめました。

と言っても、簡単なものから読んでいます。

持論ですが、簡単なものを数冊まず読むと概要が分かりやすく、少し難解なものもスムーズに読み進めることができます。

今読んでいるもの。ひとつひとつの章が短いので毎日少しづつ読み進められます。

なんとなくですが、難しいところ?難解なところをデフォルメしているイメージ。

とはいえ、きちんと頭のなかに物語が思い浮かびやすく易しい本です。おすすめ。

ラノベです。神々がキャラクター化されていてすんなりと頭に入ります。

子どもでも読めますが古事記自体少し下ネタがあるので、気になる方は一度大人がチェックした方がいいかもです。

合わせて読みたい記事